ホーム » コンテンツメニュー

ヤマカの漆製品について


ヤマカは、さまざまな素材、多彩な演出で、
あらゆるニーズにお応えします!

ヤマカは仏壇製作において、伝統的な木材はもちろん、数多くの素材をご用意しております。これは弊社の強みであり、長年に渡って培って来た弊社のプライドでもあります。仏壇製作ならヤマカへ――――。

Yamaka Draw®

【スペシャルコンテンツ】
仏壇の七職(ななしょく)

仏壇は主に7つの工程を経て完成となります。ヤマカはそのすべての工程をトータルにカバーできるよう、高い技術力を誇る伝統工芸の「匠」たちとのネットワークを築き上げております。

7つの工程(七職)を簡潔にまとめました。ぜひご覧ください。

→仏壇の七職(ななしょく)はこちら

urushi_image4-1

【会社案内】2017年版です。

<英文>yamaka_kaishaannnai_E <和文>yamaka_kaishaannnai_J

素材としての「漆」

漆(イメージ)

  1. うるしは、漆の木から採取した樹液を精製加工した自然や人体にやさしい天然素材です。
  2. 拭き漆とは、摺り漆ともいい、塗り仕上げての中で最も基本的で、かつ簡単な塗り方の一つです。素材自体の持つ美しさを十分に引き出す事のできる日本古来のうるし塗装です。
  3. 漆の特性
    ●耐水耐湿伸縮性がある
    ●自然環境にやさしい
    ●対酸性薬品に強い
    ●表面硬度が高い

そもそも漆(うるし)とは?


『うるし』と聞くとどのような物と考えますか?
漆は、『漆の木』・『漆の樹液』・『漆塗りの物』に大別されますが一括して『うるし』といい、秋には美しく紅葉するもの・かぶれるものというのが一般的な見方です。しかし、最近では漆による抗菌性にも注目されています。
本来、漆は漆の木(漆属植物に属する)にキズをつけた時に分泌される樹液のことをいいます。
漆の生産地は、日本、中国、韓国、ベトナム、タイの東南アジア諸国(現状、大半が中国産)です。
漆の定義は、次の通りです。

  1. ウルシ科ウルシ属植物の樹皮に傷を付けたとき、油中水滴形のエマルジョンで分泌する樹液で、常温で乾燥硬化するものをいう。
  2. その主成分の化学構造が、カテコールの3の位置にC15、C17または、4の位置にC17の直鎖アルケニル基が付いたもので他に、水分・水溶性多糖類(ゴム質)・糖タンパク(含窒素物)及び少量のラッカーゼで構成されるものをいう。
  3. 乾燥構造が焼き付けなどの人的なものを除いて、常温のもとで初期において酵素ラッカーゼの働きにおいて乾燥するものをいう。
urushi_image5

漆塗り用備品・彩色用具(仏壇備品・油性商品)

下地、中塗り、上塗り、仕上げ塗り用にお使い頂ける天然漆を各種ご用意しております。
また、漆に関連する商品も多数取り揃えております

◆ 生うるし
  •  生漆      … 下地・摺り漆用
  • 伊勢早漆(唐木用)… 唐木・摺り漆用
  • 伊勢早漆(呂色用)… 呂色磨き・摺り漆用
  •  箔押漆     … 金箔押し用
◆ 黒目うるし
  •  黒漆      … 下地・中塗り・上塗り・仕上げ塗り用
  •  透漆      … 中塗り・上塗り・仕上げ塗り用
◆ その他

漆塗りに関する備品及び油性塗料、彩色塗料を多数取り揃えております。

 

各種備品材料

仏神寺、仏壇、納骨壇等に代表される宗教用具製品の製造過程に役立つ各種材料の代表的な備品をラインナップ!
ヤマカ 仏壇備品(PDFパンフレット)はこちら ↓

urushi_pdf_link2

天然うるし&油性塗料

これらの油性塗料は、光沢や平滑性肉持ちに優れた吹付け塗料です。保護塗料は、表面に薄い強靭な塗膜を形成するため、汚れ・キズに強く、集客施設における設置品の塗装に最適です。

ヤマカ 油性商品(PDFパンフレット)はこちら ↓

yamaka_urushi_tennnenn-yusei_H290502

気になる『漆かぶれ』の対策と予防

初めて漆塗りをする方にとって一番心配なのは、『かぶれ』だと思います。
直接皮膚に漆が付かなければかぶれる心配はありませんが、まれに体質的・精神的に合わない方がおられますので注意が必要です。
予防策としては、肌を覆うような服装(長袖・長スラックス)とゴム手袋等をしようして作業をすることです。
万一かぶれても、腫れ自体は転移せず4~5日で完治します。

漆(うるし)の抗菌性について

漆の用途は、塗料にほぼ限定されていますが、昔から『漆塗り』の重箱に入れた『おせち料理』は傷みにくい、漆塗りのタンスには虫がつかない、などと 言われており、漆には素材の保護、美観を与えるといった塗料本来の目的以外の機能性の保持が予想される。しかし、実際には漆の抗菌性、防虫性の効果につい てはよくわかっていない。そこで、ウルシオールの構造がフェノール系の抗菌剤の構造に似ているという事にも注目して、漆の抗菌性について試験を行った。

試験結果は下記の表の通り…

(フィルム密着法による黄色ブドウ球菌に対する漆塗膜の抗菌性試験結果)

試 料
生 菌 数
接種時
24時間後
減菌率(%)
日本産
4.3×104
<1.0×102
100
城口産
<1.0×102
100
毛ぽ産
<1.0×102
100
畢節産
<1.0×102
100
ベトナム産
5.4×102

試験の結果、漆塗膜の黄色ブドウ球菌に対する抗菌効果が認められ漆の粉末化によって他素材への複合が容易になった。

仏神寺&仏壇内部備品

<金彩紙>
◇中金無地に多彩な菜食をシルク印刷を施した高級感あるふれる商品です。
◇寺院用の修復や建立にお使いいただける施工メリットを考慮した商品です。
<蒔絵シール>
◇簡単に高級感あふれる蒔絵を演出できます。
◇蓮、山水、花鳥、唐草etc…多数種類をご用意しております。
◇A3サイズのシートに各蒔絵を描いております。

ヤマカ 仏神寺&仏壇内部備品(PDFパンフレット)はこちら ↓

urushi_pdf_link1 PDFファイルへのリンク PDFファイルへのリンク

ヤマカ 金彩色の絵付けサイズ(PDFパンフレット)はこちら ↓

yamaka_urushi_kinnsaishoku

ヤマカ 金彩紙 (PDFパンフレット)はこちら ↓

yamaka_urushi_kinnsaishi

ヤマカ 花丸 (PDFパンフレット)はこちら ↓

yamaka_urushi_hanamaru

 

拭き漆に挑戦

■拭き漆(摺り漆)とは…

拭き漆または、摺り漆ともいいます。
漆塗り仕上げの中では最も基本的で、かつ簡単な塗り方の1つです。
素材自体の持つ美しさを充分に引き出すことのできる日本古来の漆仕上げ方法です。

有限会社ヤマカの『拭き漆』納入事例…  

◆ まずは一度、拭き漆に挑戦してみましょう!

■材料・用具一覧

(材料)
生漆・手洗用溶剤(テレピン油等)・着色用顔料(必要な場合)
(用具)
ゴムベラ(又は木ベラ)・拭取り用布・タンポを数個・ゴム手袋・空研ペパー(#120~#240・#600~#800)を各数枚程度
耐水ペパー(#1000~#1200)を各数枚程度
(漆風呂の環境)
温度20度C・湿度70%を目安としてください。

■拭き漆の手順
(イ)素地の調整工程

素地肌を整えるため#120~#240程度の空研ペパーで研磨を行います。
研磨後の粉等は、布できれいに拭き取ってください。
ワックス・ロウ等がコーディングされている素地は、漆をはじいてしまいますので空研ペパー等できれいに研磨してください。

(イ-1)目止めを行う場合
素地自体が漆を吸い込みすぎて、色合い・艶等が好みの状態に仕上がらない場合に目止めを行います。一般的には、漆が染込めばより丈夫な素地が出来上がるため目止めは行いません。
(イ-2) 着色を行う場合
着色は、松煙・弁柄等の顔料と柿渋を適量混ぜ合わせて着色剤とし筋替刷毛で素地に2回程度塗布します。
紅着色の場合はローダミンを、黄着色の場合はオーラミンを1%程度の水溶液にして使用するとよいでしょう。

(ロ)拭き漆(摺り漆)工程

素地表面に生漆を落としゴムベラ・木ベラ等で薄くのばします。
綿布(絹布・ナイロン系布)等を丸めて作ったタンポで円を描くようにして木目に漆を摺り込みます。
2~3分後、素地表面に漆を残さないようにきれいな布で拭き上げます。

(ハ)乾 燥
漆風呂・室(漆を乾かす場所)で約1~2日かけて乾かします。
漆は、乾燥するために適度な温度と十分な湿度が必要です。ご自宅のバスルーム(お風呂場)を使用するとよいでしょう。
(ニ)研磨工程
漆塗り表面の平滑化と、次に塗る漆との密着度を高めるために#600~#800程度の空研ペパーで木目に沿って軽く研磨します。
研磨後は、乾いた柔らかい布でゴミ等を拭き取ってください。

(ホ)仕上げ塗り工程

(ロ)~(ニ)の工程を2~3回程度、繰り返し行います。
その後、タンポ自体に生漆を染込ませ力を入れず練り込むように円を描きながら摺り込みきれいな布で拭き上げます。
再び、漆風呂(室)に入れ乾燥させます。
乾燥した後は、#1000~#1200の耐水ペパーで水研磨を行います。
最終の仕上げ塗り後に、お好みの色・艶に仕上がれば研磨をせず完成です。

(ヘ)研ぎ工程
(ホ)のままで十分なのですが、より艶を高めたい場合は、(ホ)の工程が終わって4~5日後につの粉に菜種油を混ぜて磨くとよいでしょう。

漆塗り加工製品(天然うるし)

■ 拭き漆納入事例

1.漆とは、漆の木から採取した樹液を精製加工した自然や人体にやさしい天然素材です。
2.拭き漆とは、摺り漆ともいい仕上げの中で最も基本的で、かつ簡単な塗り方の一つです。素材自体の持つ
美しさを十分に引き出す事のできる日本古来の漆仕上げです。
3.漆の特性
・耐水耐湿光伸縮性がある ・自然環境にやさしい ・対酸性薬品に強い ・防腐殺菌効果が高い

◇フローリング材及びフローリング・天井

◇内部塗装

◇温かみのある和室
■ その他漆塗り加工商品
◇ 清水進午作
◇ 衝立 ◇ 樹木の修繕
◇ 車の塗装

ヤマカの特殊合板とは?


有限会社ヤマカの商品は、全てグリーン法に準じ、かつJAS規格(F☆☆☆・F☆☆☆☆)に適合した商品です。
合板(イメージ)

 

特殊シナ合板

特殊シナ合板 Part 1
◆ シナ合板に加工を施したタイプの商品です

  • 有孔シナ合板:壁面からの反射音を軽減させるための商品です。
  • シナ曲げ合板:曲面を加工をしていただくための商品です。
    エントツ型(3尺曲げタイプ)とドラム型(6尺曲げタイプ)をご用意!
  • 防虫シナ合板:シナ合板自体に防虫加工を施した商品です。
    害虫の発生しやすい場所や害虫の防御が必要な場所に有効です!

◆ 不燃タイプのシナ合板商品です

  • ダイライト不燃基材を使用しており、出荷時には証明書を添付いたします。

◆ 出荷証明書の提出(ご要望に応じて)

  • グリーン法に準じ、かつJAS規格F☆☆☆☆の証明書を添付いたします。
   特殊シナ合板 Part 2
◆ 下地塗装処理済みタイプ

  • シナ表面に下地処理を施しているため、直接吹付塗装をしていただけます!
  • シナ表面に手あか防止処理を施しているため、施工~引き渡し時における手あか等の
    汚れの心配はありません!
  • 不燃仕様タイプをご用意!
    ダイライト不燃基材を使用し、表面にウレタン塗装仕上げを施した不燃商品です。
    不燃仕様に関しましては、出荷には証明書を添付いたします。

◆ AHIパネル(表面仕上げ塗装済みタイプ)

  • シナ表面に着色仕上げ塗装を施しているため、仕上げ塗装を施す必要はありません!
    また、加工工場において着色を施すため色ムラがありません。
  • シナ表面に抗菌仕上げ塗装を施しているため、病院や施設、店舗に有効です!
  • 有孔タイプもご用意いたしております!
  • 不燃仕様案件には、不燃基材(ダイライト)にてご対応致します。

◆ 出荷証明書の提出(ご要望に応じて)

  • グリーン法に準じ、かつJAS規格F☆☆☆☆の証明書を添付いたします。

ヤマカ 特殊シナ合板の詳細(PDFパンフレット)こちら ↓

yamaka_tokushu_shina_H290430

特殊ポリ合板

ヤマカ 特殊ポリ合板の詳細(PDFパンフレット)こちら ↓

yamaka_tokushu_pori_H290430

天然突板

天然のツキ板に特殊加工を施した自然にやさしい、高級感あふれる天然のツキ板商品です。ヤマカ 天然突板の詳細(PDFパンフレット)はこちら ↓

gouhan_pdf_link7

特殊天然材商品

ヤマカ 特殊天然材商品の詳細(PDFパンフレット)はこちら ↓

yamaka_tokushu_tennenzai_H290511

単板シート&突板シート

≪ 単板シート特徴 ≫

  • 単板を平面に数枚貼り合わす事により合板サイズ横幅:3尺~4尺 長幅:6尺~8尺に加工が可能です。
  • 最下層に薄紙を張り合わせる事により糊付け処理が簡単で曲面加工が容易に行えます。
  • 単板の貼り枚数を増やすことにより無垢板の質感仕上りが実現できます。

≪ 突板シート特徴 ≫

  • 特殊なシートに加工を施しており、カウンターや柱の曲面加工に最適です。また、厚みは0.5㎜で糊が表面に浮き出てくる事はありません。
  • サイズ幅が、3尺~3mまでに対応しており多くの場所においてご使用いただけます。
  • 貼り加工後の表面塗装が可能です。
  • 柔軟性は、次の通りです。
  • 曲げ半径(R):長手方向=5㎜、横手方向=10㎜

ヤマカ 単板シート&突板シート(PDFパンフレット)はこちら ↓
gouhan_pdf_link2

マグネット&不燃突板材

ヤマカ マグネット&不燃突板材の詳細(PDFパンフレット)はこちら ↓

yamaka_tokushu_magnet

ツキ板バリ加工合板

天然のツキ板をJAS F☆☆☆☆規格の合板にハリ加工を施した商品です。
この特殊合板は、天然1枚板に発生しやすいワレ・反り・痩せに関しましての心配はなく、木地加工の手間を簡素化するコストメリットの高い商品です。

1)檜バリ加工合板
尾州檜バリ加工米檜板目

イ)尾州檜バリ加工
板目柄と柾目柄の2種類をご用意させて頂いています。

ロ)米檜バリ加工
板目柄と柾目柄の2種類をご用意させて頂いています。

2)栓玉杢バリ加工合板
栓玉杢メハジキ栓玉杢赤染FC

ハ)メハジキ仕様
美しい玉杢柄をご用意させて頂いています。

ニ)赤染FC加工仕様
美しい玉杢柄に赤FC加工を施した商品をご用意させて頂いています。

3)カリンバリ加工合板 4)黒檀バリ加工
カリン柾縦目 板目柄と柾目柄の縦目・横目バリの各2種類をご用意させて頂いています。 黒檀柾目 板目柄をご用意させて頂いています。

版画専用特殊合板Pro 6.4ミリ 3×6

この合板は、版画専用に使用されることを目的として開発された特殊合板です。
合板自体が7層(7プライ)構造になっており、刃物を入れた時に生じやすいカケ・ワレ・ササクレおよび合板自体の反りを最小限に抑え安心して多種類の細工作業をして頂けます。
また、ノンホルマリンタイプ仕様デスので環境問題に関しましても問題のないエコロジーな商品です。
【特 長】
◇ 従来の同等品は、両面(表・裏面)ともシナ単板は、1層構造でしたが今回の商品は、
カケ・ワレ・ササクレ・反り等に強い2層構造になっています。
《合板の構造》
◇ ノンホルマリン仕様ですので環境に優しい商品です。
◇ 日本製品で2003年度7月より施行された新JIS規格に対応した商品です。
◇ 版画専用特殊合板自体が『6.4ミリ 910×1820』あり、お好みの寸法に切加工を行えます。
【従来品との対比】

相 違 点
従来品
(共芯シナ合板)
現行品
(版画専用合板)
1.表面単板層数
シナ単板1枚バリ
シナ単板2枚バリ
2.合板の厚み
5プライ
7プライ

3.合板自体の反り

4.合板規格
Fc0
F☆☆☆☆
5.合板表面の仕上がり
6.刃物を入れた時の表面のワレ・カケ
7.刃物を入れた時の感触
8.細工のしやすさ
9.塗料のりの良さ

シックハウス対策商品:特殊合板 『ネオラ マイナスイオンパネル』

この特殊合板は、表層塗膜に含有する天然鉱石の効果により化粧板表面から約2000個/cc前後のマイナスイオンを放出します。
また、無光・無熱環境下におきましても永続的に発生します。
マイナスイオンは、疲労回復・抵抗力の増進・自然治癒力の向上等の他に消臭・抗菌の効果に注目を集めています。
VOC対策として、トルエン・キシレンは使用せず、接着剤に関しましてもノンホルマリンタイプを使用しているエコロジー商品です。

【特 長】
◇ 化粧板表面から大量のマイナスイオンを発生させます。
マイナスイオンは、光の当たらない場所や夜間などの時間帯においても永続的に発生します。

◇ 表面加工は、高級感のある木目調をあしらったエンボス仕上げで高い意匠性を持っています。
エンボス加工を施す事により表面積が大きくなりマイナスイオンの発生も大きくなります。
(参考)エンボス加工は、独自の製法で特許願第349527号によるものです

◇ 色ブレや木目のバラつきがなく、常に安定した色調の品質をご提供できます。

◇ JAS2類FW試験をクリアした堅牢な表面物性を有します。

◇ 厚生労働省から指針値の出ている13物質について、全てクリアする環境に優しい材料を使用しています。

【化 粧 板 の 構 造】

【 VOC関連 】

1.合板(MDF) 合板ベースの商品は、F☆☆☆☆認定品で大臣認定取得申請中です。
MDFベースの商品は、F☆☆☆☆またはF☆☆☆から選択できます。
2.接着剤 非ホルムアルデヒド接着剤を使用しております。
3.化粧紙 コスト的にリーズナブルは23g薄葉紙を使用しています。
4.ポリエステル樹脂 スチレン室内濃度指針値0.05ppmをクリアする超低スチレンタイプを使用しています。

《超低スチレンタイプ》
ポリエステル樹脂の架橋剤であり、溶剤でもあるスチレンモノマーの含有量を最小限に抑え、他のモノマーに置き換えた新しいタイプのエコ型樹脂です。
従来のポリ樹脂や低臭気型樹脂と比較して、残存スチレンが飛躍的に低下しています。

《残存スチレン量の比較》 (成型後3日の測定値)
◇一般的なポリ樹脂      :6~8(wt%)
◇低臭気型ポリ樹脂      :3~4(wt%)
◇超低スチレンタイプポリ樹脂 :0.1以下(wt%)
※従来品と比較して、残存スチレン量が数十分の一以下となっています。

5.マイナスイオン発生塗膜 トルエン・キシレンを一切含有していないエコ型ウレタン樹脂塗料をベースにしております。

 

【参 考】

《生花の保存データ》写真の左側は、一般的なポリ加工合板を内面に使用した箱と、右側にはマイナスイオン加工パネルを内面に使用した箱にそれぞれ生け花を入れて、1週間放置した後の花の状態を比較したものです。
左側の花はしおれてきているのに対して、右側の花は生き生きとしています。
明らかにマイナスイオンパネルからマイナスイオンが発生し、その効果が作用している事がご理解頂けると思います。        

ポリ加工箱内に
1週間入れた花
マイナスイオンパネル加工箱内に
1週間入れた花

シックハウス対策商品:特殊合板 『ネオラ消臭パネル (特許願 2000-337607)』

化粧板表面に加工された『酸化チタンによる光触媒機能層』の効果により悪臭を化粧板表面で吸収・分解します。特にホルマリン臭・アンモニア(小便)・アセトアルデヒド(生ゴミ)・硫化水素(大便)等の悪臭には、大きな効果があります。これらの消臭性能は、太陽光や蛍光灯の光が化粧板表面にとどく環境下で発揮されます。光の当たらない夜間などの時間帯は、化粧板表面の中空多孔質マイクロカプセルが悪臭を吸収し、光の当たった時に分解するサイクルで効率的かつ永続的に作用します。
また、強い抗菌性もあるため、トイレ・病院・養護施設・店舗等の内装材として効果的です。

【サンプル】

※下記の柄は一例です。他色柄についても消臭加工ができます。

プリマ 1461-3

ソフトオーク 1217-3
ダンディオーク2310-8
ラフティーN 1689-11
ラフティーL 1689-12
ラフティー 1689-13
ウィナーオーク 1608-12
カナディアンオーク 1496-17
ウィナーオーク 1608-14

【ネオラ消臭パネルの性能試験データ】

1.消臭試験
100mm×150mmにカットしたネオラ消臭パネルを3リットル容器の消臭試験器に入れる。
悪臭成分は、アンモニアを用い初期濃度40ppmに調整し2時間後の残存ガス濃度を検知管で測定した後に、再度アンモニアガスを封入40ppmに調整し2時間後の残存ガス濃度を検知管で測定する。これを1サイクルとして計6サイクル行った。

光源:ブラックライト20W
1回目
2回目
3回目
4回目
5回目
6回目
通常パネル 初期濃度(ppm)
40
40
40
40
40
40
2時間後(ppm)/除去率
20/50
25/37
30/25
40/0
40/0
40/0
ネオラ消臭パネル 初期濃度(ppm)
40
40
40
40
40
40
2時間後(ppm)/除去率
5/87
6.5/83
11/72
14/65
15/62
16/60

繰り返し試験を行うと、通常パネルは4回目以降アンモニアが飽和状態になり除去率が0%でしたが、ネオラ消臭パネルは繰り返し試験を6回行っても除去率60%以上を保ちました。
上記の結果よりネオラ消臭パネルは、アンモニアガスを効率的に除去する事が確認できました。

2.菌性能試験データ (財団法人 日本食品分析センター調べ)
光触媒の効果により、強い抗菌力を発揮します。
◆試験方法:抗菌製品技術協議会試験法『抗菌製品の抗菌力評価試験法1(1998年度改訂版)
フィルム密着法』に基づき、35度C 白色蛍光灯照射(4000~8000Lx)
24時間後の大腸菌及び黄色ブドウ球菌数を確認しました。
◆試験結果:接種24時間後の生菌数

ブランク
ネオラ消臭パネル
大腸菌
6300000
5000
黄色ブドウ球菌
130000
30

※ネオラ消臭パネルの生菌数は、ブランクと比べると
大腸菌では約1300分の1、黄色ブドウ球菌では約4300分の1となりました。

ヤマカの減音®マジックとは?

これからの建材に求められる“減音”というスペック
時代は防音から減音へ……

「減音マジック®シリーズ」をお使いいただくことで、不思議なことに「音が気にならない」ことに気付きます。「音に対する意識が変わる」それが「減音マジック®シリーズ」の効果です。コストのかかる「防音」工事ではなく、気になる音を軽減させる「減音」対策を考慮してみてはいかがでしょうか。「減音マジック®シリーズ」は音が気にならない快適な空間を演出いたします。

■減音マジック®パネルの概要

表裏素材:AHI抗菌パネル
厚サイズ:33mm~58mm
姿サイズ:900mm~1800mm
参考重量:58mm×900mm 約9.8kg/1枚

減音マジック(概略)
※クリックすると拡大されます。
減音マジックの位置付け
※クリックすると拡大されます。

ヤマカの減音マジック®シリーズはこんな効果を発揮します!

30%以上の減音効果が確認できました!当社比 対 グラスウール完全無音質において、騒音測定器を用いて各音域に対する音減衰比較を行った結果、グラスウールを使用した?に比べ、「減音マジック®シリーズ」は30%以上の減音効果が認められました。

測定用デモ機は、通常の室内やオフィスに使用される構造を再現しています。

減音比較
※クリックすると拡大されます。

施工事例

「減音マジック®シリーズ」は、各シーンにおいて、数多くの使用実績があると共に、十分な「減音効果」を発揮しています。

さらに施工は塗装の手間もいらず、納期短縮等、現場のみんさんにも好評です。

材質は天然剤、表面は「抗菌加工」を施しているため、医療・公共施設関係にもお使いいただけます。

施工事例

納入事例

RDM_nonyu-jirei

製品ラインナップ

※各色に有孔タイプもご用意しております。
ラインナップ

こんな効果も同時に期待
・断熱効果として
・調湿効果として
・簡単施工なので工期短縮
・軽量なので天井にも

ヤマカ減音マジック®シリーズPDFパンフレット

▼ヤマカ減音マジック®シリーズ(A4 PDFパンフレット)はこちら ↓

PDFファイルへのリンク    

RDM_link-image2    RDM_link-image

▼ヤマカ減音マジック®シリーズ(A3 PDFパンフレット)はこちら ↓

PDFファイルへのリンク

▼納入事例集はこちら↓

PDFファイルへのリンク PDFファイルへのリンク PDFファイルへのリンク
PDFファイルへのリンク PDFファイルへのリンク

ヤマカのAHIパネル(Anti-Hospita-Infection Panel)とは?


“抗菌”ニーズは建物そのものに! 医療・介護施設関係者の方々、ならびに設計・建築に携わる方々必見!創業70年の伝統と技術に培われた品質を元に、自己免疫力が低下した人を守りたい!との願いから、ヤマカのAHIパネルは生まれました。医療・介護施設様向けとして、表面硬度が高く、抗菌性能を有する天然内装用材として開発しました。ヤマカ AHIパネルは、高齢化が進む現代、集客設内での感染予防はもちろん、清掃業務の簡素化を考えられている医療・介護施設関係の方々に最適です。
photo_sample

ヤマカのAHIパネルはこんな効果を発揮します!

壁紙にない塗装を施すことにより、院内感染を予防します。
→抜群な抗菌塗装で菌の繁殖を防ぎます。
牽牛な表面機能で消毒剤による清掃が簡単に行なえます。
→施設が清潔かつ美しく維持できます。
天然剤を使用し、心地よさと風合いを有することにより、多彩な空間を演出します。
→利用者の方にやすらぎと快適を提供できます。
ahi_image

施工事例

抗菌機能を有する天然素材を使用し、心地よさと風合いにより、多彩な空間を演出します。
天然素材の壁材として、パネル表面が抗菌効果や強靭な表面硬度を有する特徴を持ち、壁紙やポリ加工合板とは異なった見栄えや品質の違う位置づけで病院施設に向け95%の菌死滅効果を実現!
院内感染を予防できる天然素材であり、施工も簡単な今までにない商品です。
施工事例

製品ラインナップ

※各色に有孔タイプもご用意しております。
ラインナップ

抗菌性・品質保持

※クリックすると拡大されます。

抗菌試験 物性試験

施工面衝撃試験(開始日平成25年9月4日)

※クリックすると拡大されます。

施工面衝撃試験1 施工面衝撃試験2

AHIパネル修復手順

(記事)

ヤマカのAHIパンフレット

▼ヤマカAHIパネル(PDFパンフレット)はこちら ↓

PDFファイルへのリンク PDFファイルへのリンク

▼納入事例集はこちら ↓

PDFファイルへのリンク PDFファイルへのリンク